お出かけ

梅雨の合間の教学の森で昆虫探し

2020年7月5日(日)


梅雨の間の晴れの日だったので、今回は教学の森(有料、要予約)に行ってきました。

正式名称は青少年教学の森野外活動センター。

料金は安いですし、個人でも行けますが、行くならきちんと予約して行きましょう。

料金等はコチラ

ちなみに1年前に訪れた際の記事はコチラ


事務所から上の山を歩きました。

どこの山でもよく見かけるセマダラコガネを発見。特に珍しくもないですね。

あまり見ないカタツムリを発見。

調べてみると、どうやらニシキマイマイのようです。

カナブンがたくさん居ました。

だいぶ山を登った所でコクワガタを発見しました。

ネブトクワガタやチビクワガタなど他にも色々なクワガタムシを発見しましたが、スズメバチも結構飛んでいたので怖かったです。

クシコメツキ?

大きいコメツキでパチンパチン跳ねていました。

ナガゴマフカミキリを発見。なかなか大きいカミキリで噛まれるのが怖いですね。

子供達は気にせず触っていました。

平地では見ない蟻とかも居ました。

アギトアリとか言うのかな?

オオゾウムシ?

何匹か見ました。

たぶんヒメオビオオキノコムシかな?

ヨツボシケシキスイとか言うのとよく似ている気がします。正直よくわかりません。

スズメガの仲間っぽい。ブドウスズメに似ているような気がするが、これもよくわかりません。

スジコガネ。

小さいけど綺麗でした。

子供達が凄く喜んでいたのですが、ツマキシャチホコという蛾らしいです。

あまり見たことが無いので珍しいのでしょうかね。

ノコギリカミキリです。

私が見つけたのですが、最初とても嫌いなゴキブリかと思って凄くビックリしました。


総括

やはり教学の森は箕面公園よりも珍しい虫が多い気がします。

なかなか昆虫が見つかりますし、おススメの場所ですね。

ただし、 行くときは予約して行きましょう。

今年はタマムシが見つけられなかったので、ちょっと残念でした。


虫度: ★★★★★

また行きたい度:★★★★★

山登り度:★★★★☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です