お出かけ

レゴランドジャパンとシーライフ名古屋

2020年1月18日(土)-2020年1月19日(日)


今回はレゴランドホテルではなく、レゴランドジャパンの方について書きます。


入場してすぐからワークショップまで

いろんなブログで先にファクトリーに行っておけとあったので、妻と子供をファクトリーに並ばせました。

ただ、昼頃とかに待ち時間が増えることもありましたが、そこまで混雑はしないようでした。

私の方はファクトリーではなく、ワークショップの予約に並びました。

この日は普通の土曜日というのに09:30頃に開園し、45分ぐらいには予約の列がだいぶできていました。

今回は長男にプログラミングしてもらおうと思っていたので、プログラミングのいちばん簡単なワークショップを予約しました。

次男はもっと簡単なシーソーを作るのを予約。本当はクレーンを作るのを予約したかったのですが、長男と同じ時間帯のクレーンが無かったので諦めました。

プログラミングは普段しないし、レゴのプログラミング対応も持っていないため、なかなか楽しめたようでした。


レゴな雰囲気を楽しもう

アトラクションは他の方のブログなんかでいろいろ説明が多いので、今回はレゴランドのレゴなポイントを紹介します。

これは有名なレゴポテトですね。

ブリック・ハウス・バーガーのキッズミニバーガーセットです。

ハンバーガーは思ったより小さいです。

レゴポテトはこの店以外でも購入できます。

レゴホテルの朝食のビュッフェに出てきたので、ここで食べる必要は無かったかな、と思いました。

行列待ちのポールもレゴがたくさん入っています。

紙ナプキンです。

カワ(・∀・)イイ!!からと言って大量に持って帰るのはやめましょう。

ザ・ドラゴンのお城にあるハトもレゴでできていました。

他にもいろいろレゴポイントがありますが、こんな感じで、細かなレゴを自分で見つけるのも楽しみではないでしょうか。


誕生日特典

誕生日月の子供がいるなら、あなたが主役です。

誕生日月のことをスタッフに伝えると、シールを貼ってくれます。

このシールをスタッフが見つけてくれることによって、誕生日を祝ってくれます。

シールはレゴホテル、レゴランドジャパン、シーライフ名古屋などいろんな誕生日シールがあります。

レストランなどではレゴでできた誕生日ケーキで撮影できる場所もありますので、積極的に誕生日アピールしましょう♪

※レゴのケーキは持って帰ることはできません。


並ばないで遊ぶ

親としては、せっかくここまで来たのだからアトラクションにたくさん乗りたい!という願望はあるでしょうが、アトラクション以外にも楽しめるスポットがいろいろあります。

むしろ子供達はアトラクションと他のアスレチック的な遊具との違いもあまりわかっていません。

というわけで、子供達をアトラクション以外で遊ばせてみましょう♪

まずはパイレーツ・ショアにあるアンカー・アウェイ!の前にあるキャスタウェイ・キャンプ。海賊船の遊具で、子供達は楽しそうです。

次にレゴニンジャゴー・ワールドにあるコール・ロッククライミング・ウォール。

横にボルダリング気味なやつですね。ニンジャゴー・ワールドにはこれの外にも反射神経を鍛えるジェイ・ライトニング・ドリルでも遊ぶことができます。

次はブリック・トピアにあるビルド・アンド・テストです。

ここではいろんなレゴ、車や飛行機?なんかを作って走らせたりすることができるスポットです。

組み立てた車タイプのレゴを斜面で走らせることもできます。

5台ぐらいで競走できるスペースもあります。

ただし、人が多い場合は入場制限をされることもあります。

一日目はここで1時間ぐらい費やしたでしょうか。

それから結構時間をかけて遊んだのがアドベンチャーにあるファラオ・リベンジ。

ここでは柔らかいボールを風で吸い込んで上に運んだり、上から銃のようなもので撃ったりできます。

子供達だけで遊ばせていたのですが、なかなか出てきませんでした。

最後に、レゴシティにあるザ・ワーフ。

こちらは船の遊具ですが、船が3つほどありスペースが大きいです。

遊具自体そこまで大きくないですが、広いので楽しめると思います。

ミニランドは有名ですね。

ここでは日本のいろんな都市がレゴで作られています。

スイッチを押すと仕掛けが動くポイントがあるのですが、ウチの子供は全部のスイッチを押してまわったので、結構な時間が掛かりました。

他にもいろいろありますが、アトラクションに乗るだけがレゴランドの楽しみ方ではないので、いろいろ自分なりの楽しみ方を見つけるのも良いかもしれませんね。


シーライフ名古屋

レゴホテルの隣にある水族館です。

そこまで大きくありません。

今回は一人500円のミッションパックを購入して水族館に挑みました。

初めてここに来るなら、ミッションパックを購入した方が良いと思います。

水族館にあるいろいろなミッションをクリアするようになっています。

水槽の中にはレゴの人が沈んでいたりします。

お触りOKな場所もあります。

ヒトデやウニや何かの魚も居た気がします。

エイの餌やりショーもありました。

エイが餌を食べるところは可愛いですのでぜひ見てください。時間が決まっています。

水族館の最後の方で、自分で魚やヒトデなんかの色塗りをすることができます。

色を塗った魚達はしばらくすると横の巨大スクリーンに出てきますので、自分で塗った魚が出てくると子供達は喜びました。


総括

アトラクションに乗せたいというのは親のエゴかもしれませんね。我が家もたくさん乗せてあげたいと思いましたし、遊具なんて近所の公園で良いんじゃないかとも思いましたが、子供達にとっては新鮮なのでしょう。

ということで、ある程度子供達の好きにさせてみましょう。ある程度ね。

ウチの子供達は、長男もまだ一年生ですが、それぐらいの年齢だと凄く楽しめます。また来たいと言っていました。

ただし、高学年になるとちょっと物足りないと感じると思います。

行くなら低学年だ!


また来たい度:★★★★☆

子供楽しんだ度:★★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です