お出かけ

はんしんまつり2019に招待されました

2019年11月2日(土)


下のようなハガキが届きました。

どうやらはんしんまつり2019の招待券のようです。

サテライト会場の案内まであります。これは行くしかないでしょう。

はんしんまつりの会場は阪神尼崎駅のすぐ横、尼崎車庫で開催されていました。


阪神尼崎駅から会場まで

尼崎駅から車庫を見ることができます。

会場までの案内の看板が出ていました。

北口から出てトンネルをくぐります。

細い歩道を歩いて・・・、

坂を登れば、ほら!

レンガの建物が。そこが目的地のメイン会場です。

入るのにハガキごとに時間が決まっているようでしたが、ウチに届いたハガキは何時でも良い特別なもので、すぐに入ることができました。


メイン会場

入るとすぐに作業車両のようなものがありました。

車庫からはACEらしき車両も。近鉄も尼崎駅を利用しているようです。

会場は長細く、何も無いゾーンもありますが、車庫の車両や尼崎駅に来る電車を見ながら進めます。

送電線の点検車両に乗せてもらうこともできました。

よくわからない説明が貼ってあります。わかる人にはわかるのでしょうか。

結構並びました。どこも人が多いですね。

適当に触って良いと言われたので、パチパチとスイッチを触ります。

社員の方が親切に説明してくれるも、聞いているのは親だけという。

どこの鉄道まつりでもよくある、恒例の綱引き♪

小学生以上の条件があったので、長男のみ参加しました。まあ次男は今、腕が使えないのでどっちみち参加できないですが。

車両改造中の電車もありました。これとは別に緑の車両もあり、デビューが待ち遠しいですね。

車庫の真ん中を歩きます。

横に動く車両を運ぶ装置を見学し、

電車に乗って洗車体験!

これがいちばん楽しそうにしていました。

脱線を元のレールに戻す作業を実践していました。

プラレールもありーの。

キョロちゃんも来たりと、すぐに時間が過ぎていきます。

メイン会場を出る直前に塗り絵コーナーがあり、そこから子供達は動かなくなりました。

会場内でもカレーやフライドポテト、弁当など売っていたのですが、会場外に出て昼食を食べようということで、メイン会場を後にしました。


尼崎城会場

メイン会場のすぐ横には、招待券とかが無くても入れる尼崎城会場がありました。

尼崎駅はあまり来たことが無いですが、こんな城あったっけ?

ここでもプラレールが。

後は電車グッズの販売やら軽食があ売っていたりします。

そして、今日の目的地である阪神電車絵画コンクールの受賞作品一覧です。

大賞とかの大きな賞ではないですが、入賞しました♪

そのおかげでこの日の招待券が届いていたのです。

そのまま14時過ぎぐらいに尼崎駅周辺で遅い昼食を食べてそのまま帰りましたが、そういえばサテライト会場にも招待されていたのを忘れて帰ってしまいました。

後から調べてわかったのですが、サテライト会場には抽選で700名しか招待されていなくて、旧型車両の展示や保線作業体験などがあったようです。

ブログを書いているのに、そのレアな体験をせずに帰ってしまうとは、致命的なミスを犯したようです。


総括

鉄道好きには良いイベントです。

鉄道の日には各鉄道会社がイベントをしていますが、親としては一つ行けば良いかなと。

長男は電車の車庫が好きなので、随分喜んでいたようです。

まあ、人が多いし、楽しめるかは子供次第ですね。

今まで京阪、阪急などのイベントに行ったことがあるので、来年は近鉄か南海あたりにでも行くかなあ。


電車度:★★★★☆

また来たい度:★★★☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です