お出かけ

ほしだ園地で昆虫観察

2019年7月15日(月)


駐車場からピトンの小屋まで

本日は昆虫観察にほしだ園地までやってきました。初めての訪問となります。星のブランコという大きな吊り橋が有名で一度は行ってみたかった公園です!

まず、駐車場が砂利でした。1時間200円となっております。

営業時間などはコチラ。ライブカメラがあるので、車で行く方は混雑具合を確かめてから行きましょう。

駐車場から公園に入ると、まず森林鉄道風歩道橋があります。

歩道橋でもたくさんの虫達を観察することができます。

ヒメカメノコテントウ?

よくわからない雪のような虫。アオバハゴロモの幼虫?

昨日まで雨だったため、カタツムリがそこらじゅうにいました。

イトトンボかな?

ここが最初の拠点となるピトンの小屋。駐車場からここまでは普通徒歩15分くらいで来れると思いますが、我が家は昆虫を観察しつつ来たので30分以上かかっています。

ジュースやアイスの自動販売機があるので、足りない場合は買って行きましょう。

すぐ横にトイレもあります。トイレはこことだいぶ歩いたところの二ヶ所しか無いそうなので、気をつけましょう。

すぐ横にクライミングウォールがあります。

挑戦はしてません。横に子供用の練習用の壁もあります。

まずは虫ということで、帰りに体力があれば子供たちにさせるということで行きではスルーしました。


ピトンの小屋から星のブランコまで

ピトンの小屋から星のブランコまで15分~20分くらいと書いてあった気がします。

ここで近道と遠道を選択できます。近道はぼうけんの路という急坂の階段でかなりきついです。遠道は管理道で近道よりはマシな上り坂となります。

子供達にどちらが良いか聞いてみると、近道好きやねん!という回答で階段の方へ進むことにしました。

結論から言うと結構きつかったですね。

途中で虫の観察は忘れない。

クヌギカレハの幼虫かな?よくわかりませんが、かなり大きい幼虫です。

ゴミムシ?キマワリ?よくわからないよく見かける甲虫もいます。

大きなカナブンっぽいのもいましたが、飛んでいるのを捕まえることができませんでした。残念です。

途中の撮影を忘れていましたが、上から撮影した階段。

ぼうけんの路を登りきって、管理道との合流地点です。

合流地点で長男が捕まえました。マイマイガかな?

そしてこれが星のブランコ。大きいです。

特に長男は大はしゃぎ。次男は渡るのが怖いと言っていました。


星のブランコからピトンの小屋まで帰る

次男が吊り橋怖いと言うので、星のブランコを渡ったところからピトンの小屋へのショートカットの道を選択。かなり急坂を下りました。

途中でオオシオカラトンボのメスっぽい個体を発見。違ったらゴメンなさい。

急坂の階段を降りきって管理道との合流地点で奇妙なイモムシを発見。これと同じ種類のイモムシが近くの木にたくさん付いていました。

帰ってからネットで調べてみると、なんとなくシンジュサンの幼虫に似ているような気がします。

小さい甲虫を発見。セマダラコガネ?

クライミングウォールの近くまで降りてきて水辺に降りることができる場所でオオシオカラトンボのオスっぽい個体を発見。

クライミングウォールの近くで発見した大きな蛾。

マイマイガのメスだろうか?

ベンチによく見かける蝶もしくは蛾が。

ヒメウラナミジャノメかな?

今回は駐車場から下の地図の赤い矢印の順路で歩きました。

普通のハイキングならそこまで時間がかからないのでしょうが、虫を観察しつつゆっくり歩いていたので二時間近くかかったのではないかと思います。


クライミングウォール周辺

この後、クライミングウォールまで戻ってからはこのあたりで子供たちのクライミングと虫捕りをする拠点としてしばらく居ました。

子供用クライミングで練習。長男はちびっこコースまでクリアでした。

長男も次男も何回も挑戦していました。

このあたりでタマムシの羽を発見。

今回は生きたタマムシを見ることができませんでしたが、クライミングをしている老夫婦からはよく見かけるとの情報をゲットしました。

また、オオムラサキのメスっぽい個体をクライミングウォール周辺で見かけましたが、近くに来てくれず、撮影はできませんでした。

トイレの裏にたくさん飛んでいたハグロトンボらしき個体を捕まえました。

カマキリが頭の上を歩きます。

クロサナエ?タベサナエ?名前はわかりません。

ゴマダラカミキリがいました。ちょうど飛んできて近くの木に着陸したところを捕まえました。

クライミングウォールから少し登ったところから水辺に降りることができる場所があるのだが、そこでオニヤンマをゲットしました♪


帰りの駐車場まで

結構長居して五時間近くいました。

帰りも虫がいっぱいで、いつもなら足が痛い~とか言うところ良い虫がいたなら走って駆けつけていました。親としてはとても楽ちんです。

ヒョウタンゾウムシ?

ムネモンヤツボシカミキリ?

トモエガの仲間?よくわかんない。


総括

私は虫好きではありませんが、虫好きの子供達としてはかなり楽しめた公園でした。

私の目的は星のブランコを渡ることでしたが、子供達は昆虫観察をしっかりと楽しむことができましたし、win-winの関係だったのではないでしょうか。

子供達もまた来たいと言っていましたし、タマムシ見たいとも言っていました。

しかし次は別の府民の森にも行ってみたいですね。


虫度:★★★★★

ハイキング度:★★★★☆

また来たい度:★★★★★

ほしだ園地で昆虫観察” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です