旅行

初めての石垣島3泊4日の3日目~離島を楽しむには体力が足りない編~

2019年6月24日(月)


体調が悪いときは病院ですよね

咳が酷いのと熱で朝から長男は病院です。

沖縄県立八重山病院という総合病院に行ってきました。

移転したらしく、比較的新しい病院です。というか、最初ナビで設定すると古い場所に案内されて廃墟にたどり着きました。

予約優先とのことで結構待たされます。待ち時間は予約の患者さん次第なので不明。それが嫌なら町医者を紹介するとのことでしたが、たらい回しを危惧してそのまま総合病院で診てもらうことに。

一時間近く待ったかな。風邪とのことで、薬を貰いました。これで安心。

でも初診の料金が別途2000円以上かかりました。その間に次男はホテル近くを妻と散策してかなり大きいカタツムリやタマムシなんかを見つけていたようです。


西表島

長男の体力が心配なので、歩いたり泳いだりをできるだけ減らそう!ということで、船で離島へ。

移動で体力を使うのと走り回ったりして体力を使うのとでどちらがマシかという判断です。

まず、離島ターミナルへ。

安栄観光で往復の乗船券と西表島のバス代、由布島までの水牛車の券がセットになったお得なチケットを購入。家族4人で12500円くらいかな。予約不要です。

子供達に酔い止めを飲ませて船に乗船。

西表島までは40分くらいですが、酔い止めのおかげか船酔いにはならず。結構揺れたんですけどね。

到着するとバスの時間を確認。50分待ちくらいだそう。長男の体力を考えるとそんなに待てないや!ということで、タクシーに乗りました。水牛車の場所までは20分くらいで2200円くらいだったかな。

イリオモテヤマネコタクシー。

途中ものすごく数が少ないというカンムリワシも見ることができましたが、すぐに飛んで行ったので写真には残せずでした。

心にしっかり焼き付けておきました。もうどんなだったか忘れましたが。

水牛に乗る駅みたいな場所でしょうか。水牛チケットの購入が可能です。

水牛車は西表島側からは2台で稼働していました。

海の上を歩いていきます。

こういうのに乗ると離島に来た感じがプンプンしますね。

空が曇りではなく晴れていたら、もう少し景色も綺麗だったのでしょう。ただし、曇っていたことによりそこまで暑くなく快適でした。

由布島に着いたら家系図の説明を受けます。

この頃には長男がダウンして、しばらく休んでいました。

由布島は島全体が植物園になっており、妻と次男は先に植物園散策。

長男はしばらく休んでから、私のオンブで移動します。しばらくして自分で歩けるまでに回復。

蝶園とかあって、そこそこ南国感を楽しめますが、島の半分もまわる体力が無く、レストランで休憩。

ラフテーとかいうやつですよ。好きです。

不思議な蝶も飛んでいました。おそらくアオタテハモドキのオスかな?

帰りの水牛に乗った時は、来た時よりもだいぶ潮が引いていました。

歩いて渡っている人もいました。

西表島に着いたところでバス待ち時間を干潟散策。やはりカニがここでもやたらと多かったです。

この日はそのままバスで港まで行き、船で石垣島まで帰った後はホテルでゆっくり休みました。

ホテルに帰ったところで長男は熱が出ていたので、結構しんどかったのではないかと思います。

子供達が楽しめるかどうかは最終日に賭けるしかなくなりました。


総括

離島は楽しいですが、もう少し時間が欲しかったです。午前中は病院に行っていたので午後からの移動になりましたが、武富島なんかも行ってみたいと思いました。


秘境度:★★★★☆

楽しんだ度:★★☆☆☆

体調不良度:★★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です