お出かけ

嵯峨野観光鉄道 トロッコ列車

2019年6月9日(日)


この日は、長男が阪急嵐山線に乗りたいということで、京都の嵐山まで行くことにしました。

次男は興味が無いのか行くことを渋っていたのですが、嵐山のトロッコ列車に乗るということを伝えると、だったら行くと言う。

いろんな列車に乗ってみたいとの長男の要望で、ずいぶん久しぶりの電車お出かけでした。


京とれいんで河原町へ

まずは梅田に向かい、朝9:32発の京とれいんに乗ることにしました。

阪急の電車はトイレが付いていないため、まずは私と子供達が梅田でトイレに行っているうちに妻が並んでおこうという作戦に。

しかし、普通の特急と違い、2番線に並ばないといけないのに1番線に並ぶ妻・・・。

トイレから帰ってきたときに、なんとか並びましたが、どの車両も結構な人が。

今回乗ったのは雅洛というタイプ。

どうやら京とれいんは二本あり、交互に走っていて、今回乗ったのは新しい方のようです。

この雅洛は十三に止まるが、もう一方は止まらないようなので注意が必要です。

まあ十三からだと座れないし、いったん梅田に行くのが良いと思います。

今回は一両目に乗りましたが、中はこんな感じ。

紅葉が綺麗ですね。

長男は、こんなゴージャスな電車に乗れて最高やと言っていました。

そこまで言って頂けるとこちらとしても嬉しいです。

座席は畳が使用されております。ライトなども和風。

河原町に着いてからは写真撮影がゆっくりできます。座席も梅田では急いで確保する必要があるため、車内の撮影も河原町がオススメです。

横から見たところです。


阪急と嵐電でトロッコ嵯峨駅へ

嵐山に行くには桂で乗り換えが良いのですが、終点まで行くと主張する長男。

ちなみに梅田から河原町までは大人400円。子供は200円です。

河原町を出ると、オシャレな街やなぁと言っていましたが、すぐにまた阪急に乗ることに。

歩く距離などを考えて、とりあえず大宮で降りて嵐電に乗ることにしました。

先頭の乗り口で誰も並んでないやんと思って待っていたら、2両編成のときの乗り口だったようで列車がスルー。悲しい出来事でした。

嵐電は距離に関係無く、大人220円子供110円でした。Pitapaが使えます。

嵐電嵯峨で降りましたが、小さな駅です。

トロッコ嵯峨駅まで徒歩5分くらい北上します。

ばばーん!トロッコ嵯峨駅です。

5年振りくらいですが、昔来た時よりも外国人の方がかなり増えていました。

そして、すぐ出発のトロッコ列車は満席、1時間後のトロッコは立ち乗りということで、2時間後のチケットを購入しました。

大人620円、小人310円ですが、往復で購入しました。

料金など詳しくはコチラ

https://www.sagano-kanko.co.jp/reserve.php

なんか、JRのみどりの窓口や旅行会社でもチケットが購入できるらしいので、行く時間がだいたいわかっているなら先に買っておいた方が良いでしょう。

ウチは気まぐれに電車に乗るので、おいそれと買えないですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です